目頭切開解説ネット

目頭切開手術のその後

目頭切開の術後

目頭切開手術というのは、目頭にある皮膚を切除して、縫合することによって目を大きく見せることができ、切れ長のはっきりとした目の印象にしてくれるという美容整形手術のひとつです。では、そんな目頭切開手術を行った後は、一体どのような状態になるのでしょうか。その経過についてお伝えしていきたいと思います。

まず、目頭切開手術においては、術後に残る痛みはほとんどないというのが特徴のひとつです。中には、少し引きつる様な感覚を感じるという様な人もいるのですが、そのままでも数日程度で治ってしまいます。

また目頭切開手術の術後には、目を冷やす様に言われることがあります。これはなぜかというと、冷やすことによって炎症が起こることを抑えることもできるのです。また内出血などを、冷やすことによって防ぐことができます。

目頭切開手術では、症状として腫れが出るということはあまりなく、強く赤みが出るという程度です。また腫れてしまうという人もいるのですが、そのような場合も、一晩泣いてしまったときの状態と、ほぼ同じ程度というような腫れです。また抜糸は手術をした後一週間程度で行うことができます。

術後に入浴ができるようになるまでには、だいたい一週間程度は必要です。ですので、術後一週間は温めのシャワーを使い、手術した部位に対してお湯がかかってしまわないようにしましょう。

手術後にはトラブルが起こるということは、比較的少ないような手術なのですが、しっかりとしたケアをしないと、トラブルが起こることもあります。

スポンサードリンク