目頭切開解説ネット

目頭切開の疑問

目頭切開と二重まぶた

目頭切開手術というものは、それ単独ではまぶたを二重まぶたにするといったようなものではありません。ですので、目頭切開手術を行う方は、埋没法であったり切開法だったりといったような、二重まぶた形成手術との併用で手術を行うというようなケースが非常に多くあります。

数多くあるプチ整形の中でも、非常に人気が高くポピュラーな、二重まぶた形成手術なのですが、この手術を行ったとしても、蒙古ヒダが邪魔をしてまぶたが平行型になるといった障害をおこしてしまい、イメージしていた通りの二重まぶたには、仕上がらなかったということも多いようです。

そこで、この目頭切開手術を行うことで、二重まぶた形成手術での効果をより高く引き出してしまおうということなのです。その際に成功している例の中の多くが、二重まぶた形成手術と一緒に、控えめに目頭切開をしたというようなケースであると言われています。 このように、さまざまな効果があると言われている目頭切開手術なのですが、目の間隔だけが気になるというような場合を除いて、恐らく最優先的に考えていくような手術ではないのではないでしょうか。

この目頭切開と同じ理論の目の手術としては、目尻の切開手術があります。これは目尻を切開することによって、目の横幅を広げようという手術です。 二ミリ以上を切開するということは不可能であり、しかも単独で印象を大きく変えるということは望めないのですが、二重まぶたを非常に効果的に演出してくれるという効果があります。ですので、目頭切開手術と併用して行われるということが多い手術なのです。

スポンサードリンク