目頭切開解説ネット

目頭切開の疑問

目頭切開の手術方法の種類

目頭切開手術と一口に言っても、その手術の種類には様々な方法が存在します。一般的に使用される方法は、内田式というものや、またW法であったり、Z法と呼ばれるような、切開する目尻の部分を、アルファベットの形に切開する方法が用いられます。

また、クリニックによっては様々な種類の手術の方法が用意されており、事前に行うカウンセリングによって、希望通りのデザインに仕上がるように手術方法を変更してくれるという場合もあるのです。

目頭切開の手術法には、他にも次のような様々な種類が開発されています。Irlt法であったり、Mustarde法やImre法、そして平賀法などがあります。 また最近では、ミニZ法というように呼ばれる全く傷跡が目立たないような、うれしい技術もできています。

このミニZ法という手術方法の特徴は、なんと言っても手術後に仕上がどうも不満ということがあった場合に、ほとんどの場合で元に戻すということも可能なのです。

これは、なぜかというと、まず他の方法では手術の際に切開した皮膚を、そのまま切除してしまうために、あとで修正することができなかったのですが、このときの余った皮膚をそのままで、切除しないで行うことができるミニZ法であれば、あとで修正も可能であるということなのです。

このような技術は、従来の目頭切開手術の方法では、もし仕上がりに違和感や不自然なことがあったり、手術跡がいつまでもそのまま残ってしまうというように、多くの方が不満を抱えていたのですが、これによって失敗や不満などは少なくなっています。

スポンサードリンク