目頭切開解説ネット

目頭切開と費用

目頭切開の修正

目頭切開手術をしてしまったあとでは、ほとんどの場合では二度と元に戻すことができません。もし、別のクリニックへ行って頼んだとしても、ほとんどの場合で断られるようです。なぜなら、多くの美容外科医達の間では、目頭切開手術の修正をするということは、できれば請け負いたくないような、厄介であるものというような認識が、なされているからなのです。

目頭切開手術の失敗というのは切開をし過ぎてしまった場合、肥厚性瘢痕、傷跡がケロイド化してしまうというようなケースが多くの場合を占めています。ですが、これらについては効果的な治療の方法というのが無いのです。

切開し過ぎてしまった蒙古ヒダを、また再建して、元に戻そうとする場合には、逆に傷が増えてしまうというような悪循環もあります。しかも、そこである程度自分のイメージ通りに修正をすることが出来たとしても、リスクが非常に高く、また将来的な結果については予測することが不可能である部分が大きいのです。

手術をした方法とは逆の要領で皮膚を動かすという方法であったり、手術箇所にレーザー光を当てることによる修正手術などを行っているというクリニックも多く存在していますが、あまりよくない結果も多少は出ていると聞きます。

このような、手術の失敗というような事態を回避するためには、手術を受ける側としては失敗しないような努力をしていく事以外には有効な手だてがないのです。ですので、まず目頭切開手術をしようか検討する場合には、後からの修正は、ほぼ不可能であるということを、まず肝に銘じて下さい。

スポンサードリンク