目頭切開解説ネット

目頭切開の基礎知識

目頭切開の切開法

目頭切開手術という手術はどの様な手術かといいますと、その名の通りなのですが目頭をメスで数ミリ切除するというような手術方法となります。この手術によって目を大きく見せることができ、また切れ長な形の目に整形することができます。

事前にしっかりとカウンセリングをして、デザインを決定してから、目頭切開手術を行うということが通常です。また、手術時間自体は三十分程度で終わります。そして、術後の一週間程度で抜糸を行います。

また目頭切開手術の手術方法にはZ法であったり、W法などというような手術方法があります。

目頭切開手術のW法というのは目頭を切開していくときに、アルファベットのW字の形に切除していきます。そして、そのWの形の中央にくる部分を、目頭の奥の方に押し込んでいく形で整形するのです。

目頭切開手術のW法の開発によって、単純に目頭をただ切除するというだけの手術に比べて、手術後に元に戻ってしまうといったような、困った現象をしっかりと抑えることができるのです。

また目頭切開手術のZ法は、アルファベットのZの形に切開していくという方法です。Zの形に切開することによって、皮弁を作ることができその位置をずらします。切除するZの大きさを調整していくことによって、その効果を変えるといったようなことも可能となります。

また、最近ではきちんとしたクリニックでは、術後のトラブルであったり失敗を少なくするという目的で技術もどんどんと向上しており、多くの方が満足することができる仕上がりとすることができるでしょう。

スポンサードリンク